2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土屋氏の宣伝

西尾幹二ってどこ行ってるんだと最近気になってた(というか気にし始めたというのが正しい)けど、「WiLL」に出てましたね。そういえば前々回のブログに書いたつっちーも、「正論」と「WiLL」に小論を書いてました。WiLLの方は読む気はさらさらないんですが、ブログの方には一応突っ込みを入れときましょうか。


WiLLに「小沢独裁を内部告発する」発表!!
本日発売の、WiLLに小論を書きました。
産経、読売には大きな広告が出ていましたので、気付かれた方も多いと思います。
内容は、是非、WiLLでお読みください。

それにしても、相当数のサヨクがいる中で、正々堂々言論で勝負しようと言う御仁はいませんね。
12年間、反論があったのは一人。
それも情けないことに原稿を政調会職員に書いてもらったものです。

今日、平沼代議士の話をお聞きしましたが、私と同じ見解。ヒトラー政権奪取と同じ過程をこの国はたどっている。
と言うとまた、党則違反でなんのかんのと言って来そうだが、政権の論評をして何が悪い。小泉総理は「自民党をぶっこうわす」と言って選挙に勝利した。
小沢一郎とヒトラーと目次にあるが、これなどは編集が付けたもので、文句があるのならそちらにどうぞ。

全国学力テストもおじゃん。この国の教育 どうするの?九九も出来ない高校生。通分も出来ない理系の学生。バカの大量生産をして国はどうなる。
その表現に文句があるのなら、言論で勝負しようではないか。
武道でもいいけれど、こちらはクレー射撃だから、勝負にならんでしょう。

とにかく、WiLLをお願いします。
2009年11月26日(木) No.461


※強調は引用者による

 相当数のサヨクがいる中で息を吐いていらっしゃる土屋都議ですが非常に面白いですよね。正々堂々勝負しようとする気は非常にわかるのですが、この前の都知事選は本当に正々堂々主張したから当選できたのでしょうか。自分にはヒトラー政権奪取と同じ過程に乗っかって当選したような気もするのですが(都議選での民主の躍進は少なくともつっちーにとってマイナスには動かなかったでしょう)。それに“編集が付けたから”などと述べておる割に、その前で平沼と民主党とナチを同一視する発言をしているあたり、よく分かりません。自分はそれを支持するけど、俺の責任じゃないよということですか、そうですか。

 全国学力テストについてはそこまで金をかけてやる必要があるのか、という点に絞られるでしょう。国としての傾向をはかりたいのであれば、抽出調査で十分です。費用も10分の一くらいになり、さらに分析も楽です。というか、全員調査するメリットって点数のみを公表することを前提としているわけでしょう?どう間違えたか、他の教科との関連性はどうか、学習環境はどうか、所得はどうかなど様々な独立変数が絡んできてるわけで、点数のみで比較してもどうしようもないですよ。むしろ、抽出にして細かく聞く方がいい。以前の抽出式の調査では、個人面接などもっと学力の根源に迫るような調査も用意していたわけです。100万近くのデータを、つっちーをはじめテスト支持者が教育に生かせるよう分析してくれるなら、自分がある程度賛成にまわってもいいと思うかも知れない(笑)ともかく、今のままでは教育にとってほとんどプラスにはならないです。

 ところで、全部読んでみてこの文章何が言いたいか分かりますか?自分にはこの文章の論理性がよくつかめません。以下自分なりに噛み砕いてみました。

WiLLで出るよ
サヨクいっぱいだぜ
民主党はナチみたい
そんぐらい言ってもいいだろ
でも記事は編集がかいたからおれの責任じゃねぇよ
----------------------
学力テスト廃止かよ
馬鹿が増えるぜ
俺の言いたいことに文句あるやつは前に出ろよ
そんな根性あるやついないけどな
WiLLででるからよろしく


特に点線の部分のつながりが意味不明。あえてもっと都合のいいように解釈するなら、

WiLLで出るよ(宣伝)
言いたいこと書いといたから


この国の教育 どうするの?九九も出来ない高校生。通分も出来ない理系の学生。論理的文章も書けない都議。バカの大量生産をして国はどうなる。
 
 いまだだ論理的文章も書けない都議がいてもこの国はやってきて行けてますからそんなに心配することもないと思います(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://historicalinheritanc.blog34.fc2.com/tb.php/35-cb530a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

カナエ

Author:カナエ
いろいろ述べていきますが、
大したことは言いませんし、
間違ったこともいいますし、
そこらへんは大目に見てください。

あと、キツネではないです、念のため。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
あいさつ、その他 (3)
映画 (1)
日常 (4)
戯言 (6)
ニュース (13)
ゲーム (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。