2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはひどい

【産経抄】8月10日より

 3日付のコラムで、台湾でいまも使われている漢字の「正体字」が、中国で見直されつつある、と書いた。そんな動きに日本だけが無縁である、とも。すると先日、「産◎抄擔當(たんとう)●■」あてに、手紙が届いた。

 ▼小紙に掲載されるせめて1本のエッセーでも「正▲字正假名」にならないか、というのだ。差出人は、福島県会津若松市の眼科医、米山高仁さん(56)だった。「談話室」の常連執筆者の一人だから、名前に覚えがある。

 ▼米山さんが、歴史的仮名遣いや正漢字を使うようになったきっかけは、50歳ごろから始めた俳句や短歌だった。生まれ育った祖父の代からの医院には、戦前に出版された雑誌や本が多数残っていた。子供のころから、それらに親しんできたから、違和感はなかったものの、正しく使うのは難しい。

 ▼米山さんは『★(きゅう)漢字』(萩野貞樹著、文春新書)を教科書にして、毎日1ページずつ書き写し、巻末の「正漢字表」を切り取っていつも見ているそうだ。「正漢字の練習は、脳の老化予防にもなると思います。画数が多いから、視細胞が刺激されるし、指の運動も多くなる」と話す。

 ▼最近では紹介状など仕事の文書も、正漢字で通している。ただ、所属していた短歌誌は旧漢字を認めなかった。「なよ竹の風にまかする身ながらもたわまぬ◆のありとこそきけ」。戊辰戦争で自刃(じじん)した西郷千重子(家老、頼母(たのも)の妻)の辞世をここで思い浮かべるのが、いかにも会津っぽらしい。

 ▼節を曲げることはできない、と短歌会を辞したのはいうまでもない。「戦前の『醫學(いがく)』には威厳と権威がありました」ともいう。なるほど、モンスターペイシェントといわれる患者の出現も、漢字の簡略化と関係があるのかもしれない。

 えーとどんな穴埋めパズルですか?(黙然日記、2009-08-10(Mon) 0810 雨は午後に止む。より)

 あ、忘れてました。きちんと続きがありましたよ。

◎=経の旧字体

●=者の旧字体

■=様の旧字体

▲=漢の旧字体

★=旧の旧字体

◆=節の旧字体

 うーん、最近判断推理の問題(例えばこんな感じ)を解きまくってたので、それだと思ってしまった。

 ただ、コラムの内容も何かよくわからない感じ。何か、言ってることは難しいし、幾何学的図形ばかり使われてるけど(笑)結論は何か中二病的な感じ。うーん…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://historicalinheritanc.blog34.fc2.com/tb.php/22-7e343271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

カナエ

Author:カナエ
いろいろ述べていきますが、
大したことは言いませんし、
間違ったこともいいますし、
そこらへんは大目に見てください。

あと、キツネではないです、念のため。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
あいさつ、その他 (3)
映画 (1)
日常 (4)
戯言 (6)
ニュース (13)
ゲーム (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。