2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルマン・ゲーリングが残したもの

「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に-上田埼玉知事

これを見た感想


 「嫌い」をどう評価するか、ってのは難しい。(というか無理)
 「歌わない、起立しない」は簡単に評価できますが。


 「辞めてもいい」ということ、「辞めたらいい」ということ、「辞めた方がいい」ということ、「辞めよ」ということ、全部意味は違うけど、ぼくが言う場合より知事が言う場合の方が言葉の解釈の幅が狭まると思いますが。


国・国旗・国家を愛することの定義(評価)は?
つまり、誰が愛国者で、誰が非国民だとどう決めるのか。そこにグレーゾーンはあるのか。


公務員は、憲法遵守義務があるが、憲法と法律との間に整合性がつかめない場合(と判断した場合)どうするのか、どうすればいいのか。公務員の憲法解釈は政府の公式見解に則るべきか。それらの行動は、教員と一般公務員、公安系公務員で違うか。




具体的な話。(誰かのブログで書かれてた例を引用)

「人を殺してはいけないという命令→従わなくて殺す→処分される」

だから歌わない公務員は処罰されて当然であるという考え


ここでは、命令=君が代を歌え、従わない=歌わない、と対比させていた。
その例えを持ってくる根拠はあるのか。

ちなみに僕は
「人を殺せ→いやです→処分される」の構造の方があってると思うが。(根拠も一応考えてある)





ちなみに、愛国というロジックを一番うまくあらわしているのが次の文章だと思う。

「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」
(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)


そういうことだ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://historicalinheritanc.blog34.fc2.com/tb.php/17-82a7d83e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

カナエ

Author:カナエ
いろいろ述べていきますが、
大したことは言いませんし、
間違ったこともいいますし、
そこらへんは大目に見てください。

あと、キツネではないです、念のため。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
あいさつ、その他 (3)
映画 (1)
日常 (4)
戯言 (6)
ニュース (13)
ゲーム (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。